おりものの悩み


スポンサードリンク


おりもの@悩み解消ドットコム

おりものについて紹介しているサイトです。

 

おりものは「日ごろの女性の健康のバロメーター」になります。

 

実際におりものの症状から判明する病気も存在します。

 

日頃からおりものチェックを心がけることが大切です。

 

 

 

 

 

 

また、おりものは雑菌が腟の中に入るのを防ぐ働きがあります。健康であっても分泌されるのが普通ですが、量が多いことで不快な思いをしてしまう困ったものです。

 

おりものの色や量、においに異常があり外壁部の痒みや痛みを伴う状態の時は治療が必要となります。

 

特に女性の身体はデリケートなので、病気の時はいろんなサインを送ってくれる重要な役割をしてくれるんですね!

 

 

 

 

 

 

また、おりものとは、子宮や膣から出る粘液状の分泌物で、「帯下(たいげ・こしけ)」ともいいます。

 

女性ホルモンと密接な関係があり周期的にその性状や量が変化していきますが、子宮・卵巣の病気や性感染症のような病気の時に、おりものに異常があらわれます。

 

何事も早期発見が重要となります。

 

おりものなどに関する異常なども「不正出血が少し出る」と軽く考えていると、後々医師による診断を受けた際、重大な病気であったといったことも多々あります。

 

自分で勝手に判断せず、必ず近所の婦人科等で受診してください。

 

もし、性感染症の疑いがある場合で、どうしても諸事情で婦人科等の病院へ行けない女性には、プライバシーを考慮して自宅で検査できる検査キットがあります。

 

 

 

 

 

 

他には「おりものシート」があります。

 

使用時は汚れの程度にかかわらず、こまめに取り替えて清潔に保つことが重要です。

 

おりものシートを長時間使い続けることは非特異性膣炎や外陰部のかぶれの原因になる恐れがあるので注意してください。

 

使用済みのおりものシートは、ナプキンと同じように廃棄するようにしましょうね!

 

最近は大きさが異なる製品や香りが付いた製品、色が付いた製品等が販売されています。

 

また、月経の終わりかけや尿漏れ対策として使用している女性も多いです。

 

でもシートの機能性を考えるとその場合、ナプキンや尿吸収パッドを使用するほうが快適に過ごせます。

 

なお、使い捨て以外に、布製も販売されていますね。

 

おりものと女性の健康に関して知り、おりものの悩みや不安を解消しましょうね!

 

 

 

 


スポンサードリンク